ぎたっち.com

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぎたっち

ぼっちによるギター関係を中心とする雑記ブログです。結構自由に記事を書いていこうと思います。ぼっちです。

少しでもタイピングが早くなった練習などの話をしようかと


今回はギターとは関係が皆無なタイピングの話をしようと思います。

(おい!ギターの話しろや!


 
 

 


日頃パソコン触る人ならタイピング力は素晴らしいものなのですが、そうでない人は文を入力するときキーボードを見ながらパチ...パチ...と一文字打つのにも一秒いやそれ以上かかる人も少なくないはず。


そんな人がブログを作成しようとすれば...わかりますよね?


「ああ・・・あぁ・・・・ああああああ!!」っと
ブログが悪魔のように見えてしまい、最後には思うように打てずに白目をむいて死を迎え(大袈裟


流石に死が襲ってくることなどありえませんので安心しましょう(当たり前


しかし、確実に作業スピードが悪くなるのは確かです。

ブログを書くんだったらスマホでも別にいいという人もいますが、タイピング力はつけておいて全く損はないかと思われます。

つけておくことで将来パソコンを主に使う仕事についたり、何らかの仕事でパソコン使ったり、学校の授業でパソコン使う時に役に立ったり、友達などの方に見せつけることで「お前手気持ち悪(いい意味)」と言われることがあったり、

まぁとにかくタイピング力はつけといた方がいいですよ、いやまじで。

タイピング力を必要としてる人やタイピングが一向にうまくならない人にむけて僕が少しでも早くなったと実感したことを話そうと思います。


(言っておきますが僕はそこまで早くありません←



そもそもそのキーボード打ちやすい?

 
 
 
タイピングについて話す前になんですが、あなたが今使っているキーボードはつかいやすいでしょうか?
どこの製品かわからないキーボードを使ってたりしませんか?
 
 
僕はパソコンに元からついていたDELL純正のキーボードを使っていました。

パソコンを購入し家に届いたとき「おっ、キーボード付属しとるやん、デル神やないか」っとキーボードを買うことをかんがえていた僕はやさしいやさしいDELLさんに感謝しそのキーボードを使っていました。

しっかしこのキーボード、

僕の手には合わなかったのです。なかなかタイピングがしにくい(DELLさんすいません)。


他のキーボードを触ってないのにそんなこと言えるのか?と言われそうですが、僕は学校でパソコンを使うことがあるのです。

そのせいもあり、手から来た「このキーボード学校のキーボードやりにくいお~」という信号が頭が受け取ってしまい、少し打ちにくいと感じてしまったのではないかと思われます。


このことを学習した僕は「キーボード変えたら打つの爆速になるんじゃね」と新しいキーボードを買うことを決めます。


 
 
買ったところはAmazonさんで「LOGICOOL ワイヤレスキーボード Unifying対応レシーバー採用 K270」という、Amazonさんでキーボードのベストセラー1位なので名の知れた商品だとおもいます。

ここでは長々とこのキーボードのレビューはしませんが、とにかく使っていく内に感じたことは


変えて良かった。


前に使っていたキーボードが僕に合わなかった理由がわかります。

タイピングする時の音もいいし、豪華に電卓などを表示させるボタンがついていたり、レシーバーがついていたり、有線ではなく無線であったりと、タイピングしやすいだけでなくこのようないいことまであるなんて流石LOGICOOLさんです。(いつかレビュー記事でも書こうかな・・・



ここまで実例を出しておいて僕が言うことはわかるはずです。


打ちにくいと感じたらキーボードを変えることをおすすめ


安いキーボードでも打ちやすいと感じれればそれでいいんですが、打ちにくいと感じている人や、タイピング速度に伸び悩んでる人は一度キーボードを変えてみることを視野に入れてみるといいとおもいます。


そこでおすすめしたいのが今僕が使っているこのLOGICOOLさんのキーボード。
 

有名なのでレビュー記事も多く書かれているのでそちらの方を見て検討してくれればと思います。


他にもいいキーボードはあると思うんですがこの商品は万人受けしているので買って失敗したということはないと思います。



自己流の打ち方はやめておいた方がいい



あなたはタイピングする時自己流の打ち方で打っていませんか?
自己流でタイピングしている人はなかなか危険です。


世の中にはいろんなタイピングの仕方をしている人がいます。
人差し指で全てのキーを打ったりする人や、ポジションは定まっているものの中指で打つべきキーを人差し指で押していたり、腕4本を使い乱雑にタイピングする人(誰だよ)がいたりと、自己流の人をよく見ます。

そんな人を見ると、「ポジション覚えるだけでも早くなるのになぁ・・・」と思います。
(かつて僕は人差し指戦法という最弱のタイピングをしておりました。)


この自己流の人は、ブラインドタッチ(ブラインドタッチについては下の方に記述しております。)ができてない人が多数だと思います。なので大幅に作業スピードが悪くなっているのだと思われます。

ブラインドタッチができ、はやければいいんですけどね。



タイピングが早いと言われている人は、決まったポジションでブラインドタッチができる人がほとんどです。


タイピングにはルールなんてありませんが打ちやすいとされているポジションがあります。

ですのでまずは、打ちやすいとされているホームポジションで打てるようにしましょう。

 

 


赤い丸のところに指を置きます。

このポジションで確実にうてるようにしましょう
覚えることは簡単なのですがなかなか指がおもいどうりに行きませんよね。

次の項目では、ホームポジションを覚えながらタイピングの練習ができる、僕が使っていたサイトを紹介します。

(ギターブログやのにめっちゃ書くやん・・・



ホームポジションを覚えつつタイピングが練習できる素晴らしいサイト

 



僕がタイピングの力がついたのはこれから紹介するサイトのおかげだと思います。
9割ぐらい。

http://www.e-typing.ne.jp/
↑僕がお世話になっているサイト



他にもタイピングができるサイトは多くありますが、今回は自分が最もお世話になっている、e-typingというサイトを紹介させていただきたいと思います。



注意事項1 タイピングする時はぜっっっっったいにキーボードを見るな!!

練習を始める前に気を付けてほしいことを言いたいと思います。

タイピングする時は決してキーボードを見ないことです。
このことをブラインドタッチと言います。

このブラインドタッチとても重要で、ブラインドタッチをしている人としていない人では、雲泥の差があります。いや大袈裟すぎだけど。


注意事項2 ミスなく打つことを心掛ける

タイピングは速さも大事ですが、一番はミスをしないことです。


そのことを踏まえて始めるべし


記載したリンクを開くと真ん中に「腕試しレベルチェック」というボタンがあるのでクリックしてみましょう。

やり方はとても簡単。ひたすら出てくる文字を打つだけ。
親切なことに、文字の下にはキーボードが出てきて押すキーを示してくれるだけでなく、どの指でキーを押すのかがわかります。

初心者は、ホームポジションに指を置き出てくるキーを合っている指で押せばいいのですね!
流石e-typingさんやで。


打ち終わるとタイピングの結果が出てくるんですが、多分初心者であれば100にすら到達しないだろうと思います。

いや、安心してください奥さん。・・・いや、暴れないで!


「腕試しレベルチェック」の右斜め下らへんに「タイピングバラエティ」というのがあります。
そこの「ビジネス」や「ライフ」でもなんでも好きなやつをクリックしてみましょう。

するとそこではいろいろなお題のものがあるので、そこのなかで初心者向けというラベルがついたものがあるのでプレイしてみるのがいいと思います。

ちなみに300点取れた人はこの記事はあまり役に立たないでしょう。だから帰ってください。バイバイ。嘘です。観覧とてもありがたいです。


なれてきたら設定のローマ字を消してみることもいいと思います。
タイピングが開始される前の画面で設定が可能です。


チャットという手もある


タイピング力を向上させる方法の一つにチャットという方法を使うのもいいですよ。
相手に早く返さないとという思いがタイピングを早くさせるとか

僕もチャットを何回か使ったことがありましたが、なんか色々あって萎えてやめてしまいました(笑)

そんな話はまた記事にしましょうかね。


タイピング力を上げるのだったらとりあえず毎日パソコンを触るといい


e-typingをするにしろチャットをするにしろ、持続させなければ意味はありません。
「僕は一か月に一回するんだデへへ」って人、無理です。

とにかく毎日キーボードで文字を打ってみましょう。
毎日でなくとも二日に一度でもいいです。とにかくキーボードと仲良くなりましょう。

するとキーボードちゃんもあなたに好意を示し、あんなことやこんなことも・・・(タイピング力が上がること)




頑張ってください、モテることはなくてもネットの王になれるときが来るかもしれません。
王子、王女になればモッテモテですよ。

(なにを言っているんだ・・・)


最初に買うエフェクターケースの選び方

 
 
 

 



ギタリストが弾いていくうちに誰しもが欲しがるであろうもの

エフェクターですよね



そのエフェクターを所持するためのものがあります。



 
それがエフェクターケースと呼ばれるものです。



 
今日は最初に買うときのエフェクターケースの決め方を教えていきたいと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 

エフェクタケース

 
 
まず、エフェクターケースにはどのようなものがあるか紹介したいと思います。
 
 
エフェクターケースには主にハードケースとソフトケースがあります。
 
 
一般的によく使われているのは前者のハードケースです。
 
 
 
 

ハードケースとソフトケースのメリット・デメリット

 
 
ハードケース


 

 


メリット
 
  • ソフトケースより頑丈なものが多く耐久性が優れている
  • 小さいものから大きいものまでサイズの大きさの範囲が広い
  • かっこいい(←個人的意見(笑)
 
 
デメリット
 
  • ソフトケースに比べ重くなりやすい
  • 重すぎるとキャリーカートが必要になる場合がある
 
 
 


ソフトケース
 

 
メリット
 
  • 持ち運びが楽
  • エフェクター以外の収納スペースがあり、シールドやACアダプターなどがいれることができる
 
デメリット
 
  • 耐久性がハードケースより劣る
  • サイズの範囲が少ない
 
 
 
 
どうでしょうか
 
 
まとめると、
 
 
 
耐久性が高いものがハードケース、持ち運びが楽なのがソフトケース
 
 
 
ですね。
 
 
 
 
 
 

初めに買うならどちらがいいか?

 
人それぞれですが、マルチエフェクターだけを買う人はそのマルチエフェクターのサイズに合ったソフトケースをおすすめします。



コンパクトエフェクターを並べていきたい系の人はどちらでもいいですが、頑丈で完璧に守ってくれそうなハードケースをおすすめします。


スイッチャーを導入したいという人もハードケースがいいでしょう。

スイッチャーを買うということはそこそこのエフェクターを並べようとしているでしょうから、ハードケースなら大きいサイズもありますからね。



 

最初に買うケースのサイズは?



最初に買うケースのサイズの問題はなかなか重要ですよ。



ケースのサイズ選びについて失敗しない方法を教えたいと思います。




それは...


自分が想像するより大きいサイズが丁度いい
 
 
です。



エフェクターはうまくなっていく内にまた欲しくなってくる物なんです。

「俺このぐらいしかエフェクター買わねえから!」という人でもついつい新しいエフェクターが欲しくなるものです。


なので、エフェクターケースは自分が想像するより少し大きいぐらいがいいとおもいます。



エフェクターを売ってその空いた隙間に新しく買ったエフェクターを設置するというのもありですが、
最初から大きめのサイズを選んだ方がエフェクターの配置がしやすいので配置になやむことがあまりなくなると思います。




ちなみに僕は「エフェクターなんて3つほどしか買わないだろう!」とおもい、一番小さいサイズのケースを購入...


そして今現在新しいエフェクターを買おうとしてケースを買わないと配置するスペースがないため新しいケースを買わないといけなくなっております(笑)

 

 

素晴らしいフィンガーイーズの簡単な使い方

 
 
 
 



タイトルのとうり今回は潤滑剤について紹介しようと思います。




 弦を滑りやすさ最高の状態で演奏できる

 
 
 


ギタープレイを捗らせるためのグッズとしての一つに潤滑剤があると思います。



そもそも潤滑剤とはなんなのか?



それは、ギターの弦を滑らかにさせるものです。



まぁ、そのまんまですね(笑)




買ったばかりの弦はとても綺麗ですごく滑らかですよね。


この潤滑剤は使用していく内に滑らかでなくなっていく弦をスベスベにしようぜっていう優れものです。



ギター初心者で知らない人もいるでしょうがギタリストの大半がこの潤滑剤の存在を知っています。


僕はこの潤滑剤の存在を知らず、ただ滑りが悪くなっていく弦で頑張っていました(笑)



確かに、この潤滑剤は使わなくてもギターは弾くことができます。


弦の滑りをよくしてギタープレイを捗らせるための道具にはなかなか役に立つでしょう。


この滑りやすさが嫌なんだ!という人もいますが、個人の好き嫌いが分かれますね。
(僕は好きです)



ネットではこの潤滑剤は賛否両論だそうで、僕は使用方法を間違わずに使うことで大きいデメリットはないと思うので、僕はいいアイテムだなと思います。


潤滑剤は弦をコーティングするものなので、すこし音に変化しているとおもいます。


しかし、ほんのほんの少しなので特に気にすることではないと思います。



使用方法を間違えると痛い目にあうかもしれませんので使用方法を見ましょう。

(少し下に記述しております。)




 弦の滑りやすさを確保するだけでなく、錆び予防にもなる

 
 
 
 
この潤滑剤はただ弦の滑りやすさをよくするだけでなく

 
 
錆び予防にもなります。

 
 
弦は消耗品ですのでいつかは錆びたり切れたり音が悪くなったりするのですが、

 
 
潤滑剤はこの錆び予防になってくれて、普段使用しているようにしても錆びにくくなるようになります。



 
 
僕は、潤滑剤を使用する前まではギターを弾いた後そのままギタースタンドに置いていたんですが、これが錆びる原因でした。


 
 
ギターを弾き終わった後に潤滑剤を使うことで、この錆びの問題は解消しました。

 
 
(弦に付着した汗をとるなどの行為をすこし怠っていたこともあるんですが...汗



 
 
 
 

 使用方法

 
 
 
 
潤滑剤にも種類があり、有名なものでスプレータイプと、塗るタイプのものがあります。


 
 
この塗るタイプにはただ弦に塗るだけだので注意するべき問題はありませんが、

 
 
 
使用方法について重要視しなけばならないのが、スプレータイプのものです。
 
 
 
 
文頭に乗せた画像がフィンガーイーズというスプレータイプの潤滑剤です。


 
このフィンガーイーズが潤滑剤の中で一番メジャーでして僕も愛用させてもらっております。

 
 
 
さてこのフィンガーイーズですがネットでは弦に直接振りかけている人がいますが、

 
 
あれはNGだと思われます。



 
 
 
なぜかというと、あまり詳しい話はしませんが、フィンガーイーズにはギターの指板にあまりよろしくない成分が含まれているのです。


 
 
その成分を指板にかけていくと、指板とフレットの間に成分が溜まっていって
 
フレットが浮いてしまう原因になります。


 
 
じゃあどうすればいいのか?



 
 
基本的にはフィンガーイーズを使用するときには、クロスを使います。



なければ買うまではキッチンペーパーやティッシュなどでもありです。

(できるだけクロスを買いましょう)




使用方法はすごく単純です。


このように、クロスとスプレータイプの潤滑剤を5cm~10cmほどはなします。


 




そして一瞬プシュっとします。

 

最初はすくないくらいでいいでしょう。


そして、あとは吹きかけたクロスを弦に全体につけるだけです。


 




この使用方法が指板を傷つけないですむ方法です。



もし、「弦にぶっかけてぇんだよ!!!ああああああああ!」


ぶっかけたい方がいましたら、指板と弦の間に指板につかないようにするなんらかのしきりを配置しましょう。


あまりお勧めはしませんが(笑)


 使用頻度




使用頻度は人それぞれで、毎日ギターを弾き終えたら潤滑剤をかける人もいれば、一週間、二週間などの人もいます。


僕は錆び対策のこともあるのでギターを弾き終えたらかけるようにしています。



かけるならやはり錆び防止もありますし、弾き始めではではなく、弾き終わりの方がいいんじゃないでしょうか。






 
なぜこんなにもネットで賛否両論になってるのか不思議に思うほどいいアイテムだと思います。


確かに潤滑剤を弦にかけることで滑りがよくなり錆び防止もありますが弦がよくなるわけじゃないですし、悪くなるということもないと思います。




とにかく使用する上では、



絶対に指板につけないこと!



(笑)


初心者にバンドでギターを演奏する上でまず大切にして欲しいこと



※これからバンドやるだろうって人とかは特にこの記事最後まで見てほしいです。


 


こんにちは、いえこの時間から言うとなればこんばんはですね。


 
あれ?でもこの記事書いてるのは夜だけど見る人にとっては朝の場合も昼の場合もある訳だ...
よし、こんな時の為に万能な言葉を作ろう
...
 



おはこんにちばんわ!!!
 
(^ω^;);););)



 
改めてまして、はじめてのかたははじめまして、
一回来たことある人はおはこんに(殴
 
 
こんなふざけた挨拶はさておき

 
今週の土曜日に行われるあるライブに備えてバンド練習をしてきました。

 
久しぶりにバンドで演奏するので少し緊張気味の僕

 
演奏曲自体は簡単な曲なので目立ったミスは演奏中にはしなかったんですけど
 
僕が一番苦手な部分を指摘されました。


 
1度指摘されてトレーニングを頑張って、
そのことは指摘されないぐらい上達したと思うのですが

 
久しぶりの演奏ということや先生の前で演奏ということ(歳上が少し苦手)なので緊張したせいもあると思います。

 
でも一番の原因は1週間ぶりにギターを触ったことですかね
忙しかったんです泣


 
そして演奏が終わったあとに言われた言葉は
「お前今日めっちゃズレてて気持ち悪かったぞ!」


 
そう僕にとってギターで一番苦手なこと

 
それは、リズム感です。
 


このリズム感という力はほんと大切。

 
バンドをやる人には一番に大切にしてもらいたいこと

 
いや、バンドだけでなくソロでギター弾く人にも大切にしてもらいたい事なんですが、
とにかくリズム感は大事だと思います。
 
 
ギターの技術や、音楽理論系、それらに関係することも、もちろん大切ですが

 
それより一番はリズム感だと僕は思います。

 
そもそも音楽をやるにはどの楽器もリズム楽器といっていいです。

 
なので必須レベルだと思います。



 

まずギターを弾くうえでリズム感がないとどうなるか?

 

  バンドでノリながら演奏ができない、しにくい



 
曲を目の前にして演奏するときにノリながら演奏できないと動きにくいですよね



ギター個人のかっこよさも落ちるのは当然でバンド全体のかっこよさも落ちます。





  他の楽器と合わせることができず、音がぐちゃぐちゃになる

 

 
 
これはほんとに致命的です。


 
凄く図太く、歪んでいてその曲にあっているめちゃくちゃかっこいい音を作ることができても
他の楽器とあっていなければ


ぐちゃぐちゃしたようなまとまりが無い音楽になってしまいます。



 
かっこいい音でリズムがあっていないぐちゃぐちゃした音楽でも、
音が悪い、曲にあってない音でもリズムがあっていたらそっちの方がかっこいいです。
 



リズム感がないと他にも影響がありますが、とにかくダサいということです。


 
僕は最初はリズム感ってなにそれ状態のままバンドを始めてしまい、なかなかダサい演奏をしてしまいました(笑)


 
プロのバンドや学生がしているバンドを比較した時、上手い下手はリズム力が70%程関係しています(他にもいっぱいありますが)。


 
ですので、プロのバンドを見ることは勉強になるので、ライブに行ったことがない人は行くことを強くおすすめします。



何より楽しいしね(笑)
 



 
ギター初心者に言います。

 
ギター初心者は今はまだリズム力が無くていいと思っていても、上手くなる為には必須事項なので今からリズム力を上げるトレーニング、基礎練習をすることをおすすめします。

 
それが、他の初心者ギタープレイヤーから差をつけるための方法だと思っています。



ギター初心者だけでなく、上達に伸び悩んでる方もです。



え?なんで僕がこんなにもリズム力が大事というのかって?


バンド練習をした話のこともありますが
僕がリズムトレーニングを全くしなかった失敗の経験者だからです。



今から始める初心者さんたちには失敗してほしくないからです。
 
 
では、ここでリズム力をあげるためにどうすればいいか?




...




 
近々、僕がやっている基礎練習、リズム感を上げるトレーニングを紹介いたしますので、少し待っていてほしいです。


あ、僕が他の記事までにメトロノームを手に入れてほしいのですが



売っているようなメトロノームじゃなくても


スマートフォンのアプリなどで全然かまいません


アプリも基本なんでもいいのですが、検索をかけて一番上にでてきたやつで大丈夫です。



ギター簡単なリズムトレーニングの仕方

 
ブログ更新しました!!

 

ブログ開設したので自己紹介



 


初めまして、バンドの音楽を主に愛する主です。


主にONE OK ROCKRADWIMPSが好きです。

他にも[Alexandros] 、KANA-BOON、KEYTALK、BLUE ENCOUNT、THE ORAL CIGARETTESなどなど好きです。

あ、つい数日前、04 Limited Sazabysにもハマりました(笑)

バンドだけではなくアニソンやボカロも知っております。


このままだとバンドの音楽を紹介するようなブログになって行きそうな流れですが、このブログでは主にギター関係について色んなことを書いていきたいと思います。

例えば、
A子「今日マジあのウーロン茶ウザかったわー、どう思うよB子」
B子「...ウーロン茶くそ不味いよね!!(女子高生」
※ウーロン茶とは茶髪でロン毛でうざい人を指す言葉(最近の女子高生が使う言葉らしい

というような(この例は嘘です。あとウーロン茶ごめんな)日常的な感じでギター関係の事をかいていきたいと思います。

役にたつであろうギター関係の情報なども書いていきたいと思っています。

その他にも色んな事を書いていくと思いますがよろしくお願いします。
(ブログ慣れねぇ(^ω^;);););)